青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

現場は雨樋が付き煙突も設置した。テレビのアンテナが終われば足場をとる。ほぼ完成形になるので国道側からの見栄えが良くなる。来月の完工で国道の歩道工事が進む。片側通行なので渋滞して待ち時間に現場が見える。 
 
内部は大工が床工事の最中だ。階段や上がり框などが出来て内部空間の広さがわかる。天井の杉の板張りと床の栗のフローリングが漆喰の白さを引き立てる。リビングが20畳以上あって家族が集まるには十分だ。 
 
キッチンからはほぼ全景を見渡せ奥様には使いやすい。高台にあるので日当たりは良いが大きな開口は少ない。開口が大きすぎてカーテン閉めっきりなんてのはない。外部から直接見えないところにつけた。 
 
30年くらい前の家だと南側全面が開口と言うのが多かった。見えすぎてカーテンを閉めっぱなしでいつも暗い。開けると床や畳が焼けるし丸見えなので閉めて使うのが多かった。今だと開口は断熱が劣るので寒い。 
 
ペアガラスが主流になって価格が上がり必要なところに最小限につけるのが増えた。小さな間取りの部屋が多いと開口も増えてコストが上がり断熱も落ちる。LDタイプが増えて開口が大きするとエアコンばかり使う。 
 
明るさも必要なので吹き抜けや外部から見えにくいところに付ける。床面につける引き戸タイプは床にあたるので高いところの小さめの嵌め殺し窓より明るさは少ない。こうすることでコストも下がり床焼けも防げる。 
IMG_1694