青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

差別化

朝は雨が降って暖かいと思ったら日中はあまり上がらず寒い。現場で今日の打ち合わせをしていると電気ドラムから煙が出て壊れた。何年も使って寿命だったのか。 
 
外部は昨夜遅く迄かかって手摺が完成した。二階ベランダは木製の手すりが設置される。床も木製なのでイメージが統一される。外部用の塗料を塗る予定だ。 
 
今朝も足場業者が現場の様子を見に来た。足場業は足場を所有し組み立てて貸す。資材の回転数が利益の決めたなのでできるだけ早く持っていきたい。 
 
営業と足場の組立工が全てで足場は何度も使い回す。鉄製なので重く建物に傷をつけられないので組み立ては重労働になる。夏は塩水を飲みながら頑張る。 
 
足場は差別化が難しい商売で値段だけが唯一の決め手になる。競争も過酷で規模拡大で薄利多売の典型例だ。工務店などより大手の住宅会社が安いのは当たり前のことだ。
 
将来的に中小の業者が淘汰されるのは間違いない。そうなると差別化の難しい業種はさらなるコストダウンが要求される。職人も外国人が増えそうな例だろう。 
IMG_0313


溢れる仕事

寒さに慣れたのか1月なのに寒くない。現場も今日は外部の完成に精を出した。手摺も付けてあとは塗装するのみだ。内部も天井ボードも完了し枠材や出入り口枠などをつけると壁ができる。 
 
来週からは集成材を使って造り付けや棚を作る。造作工事は時間がかかるので材料は早めに発注する。来月中旬からは仕上げの漆喰と天井の和紙を用意する。 
 
現場の隣は遣り方も出して基礎に取り掛かった。来月の後半には上棟できる。昔なら真冬に上棟なんて考えられなかった。時は流れ職人不足で時期を選ぶ余裕がなくなった。 
 
一年ごとに職人不足になって大型リフォームとか手間のかかる新築が減った。現場監督と営業ばかりが溢れて基礎とか大工がいなくなった。 
 
大工も一人でやれる小さいリフォームが主流になり人集めに苦労する。2,3人の単位に別れ大型物件には対応できない。やたら時間がかかるリフォームもたまに見かける。 
 
仕事のオファーがあちこちから来て会って話す時間ばかりが増えた。成約できるかどうかはっきりしない物件が溢れている。今月だけでも何件も現場を見に行っている。 


終の住処

朝一番で現場で打ち合わせ。すぐ新しい物件の現場へ。昼に戻って図面やら見積もり。市内は暖かく雪も溶け春の気配がするが郊外の山奥に行くと一面真っ白。積雪も20センチはあって現場周辺は長靴でないと歩けない。 
 
都会に住む70代の方の別荘というか終の住処を建てたいと。地主の方から紹介があった。周辺は農業振興地域で一面畑。夜になれば真っ暗になる。 
 
一応市内なのだが過疎地の気配が濃厚なところだ。農業と牧場があって春になればのんびりした田舎になる。私は似たようなところに住んでいるので特に寂しいとは思わないが。 
 
地主は無農薬の野菜とか果樹を栽培したり都会ともツテがある。その縁で話が出たのか田舎に住みたいとのこと。まだ具体的なことは未定だが高齢者の終の住処のようなものだろうか。 
 
古民家リフォームも似たような要素があって終の住処を新築するかリフォームするかなのだ。今度は都会から田舎へと言う要素が増えただけだ。人生100年時代は70代でもまだ先が長い。 
 
余裕のある高齢者には資産を残すよりも残り少ない自分への投資も選択肢だ。小さくともそれなりに便利でバリアフリーに対処した家を望む。家族向きの細々した間取りの家は似合わない。


造り付け

荒れ模様の天気のはずが曇ったものの気温も上がる。どこなく春の気配がするのだが気のせいかもしれない。現場は大工と電気が入り下地作りが進む。 
 
天井は明日からボードを貼れるようになる。電気工事も配線が完了する。今週中に壁まで貼れるようになる。外部も少し残っているので終わらせる。 
 
造り付けの打ち合わせやら材料の手配をしないとならない。赤松の集成材で作るのだが予め下地を入れておかないとならない。 
 
棚などは裏板を貼ってどこでも取り付けできようにする方法もある。キッチンとか既製品はほとんどそうなっている。造り付けというより家具取り付けという感じだ。 
 
昔の造り付けは柱等にがっちりと止めるのが普通だ。だから造り付けは下地のないところは入れないとならない。なかなか面倒な仕事で出来上がり寸法がこの時決まる。 
 
既製品が普通になって裏板の一部に下地を入れ壁はどこでも留められるようになった。これだと大壁仕上げの場合は特にどこでも可能になる。簡単になったということだ。


これからの予定

時折激しく雪が舞ったり晴れたりの天気。現場は大工と電気工事が入り下地作りが終わるとボード貼りになります。まず天井から貼り始め壁床となる。床が杉床なので柔らかく傷がつきやすいのです。 
 
電気工事のチェックと大工と寸法などの打ち合わせ。今回は大壁造りなのでボード貼りが早い。真壁だとボード溝があって差し込みながらだが大壁は上から貼る。下地ができるとすぐ晴れるので早い。 
 
外部もベランダが残っているのでまだ決まっていない。ベランダが終わると塗装とコーキングになる。すでに雨樋はつけ終わってコーキングが済めば終わりになる。 
 
最後に残るは外構でコンクリートが打てるようになるまで待つ。3月も中旬になると雪は降るが気温は上がって来る。なんとか降らないことを祈って進めていく。前面道路の歩道の切り下げ工事もあるがこれも外構と一緒にやる予定だ。 
 
ここまでできて完成となるが4月に入り込むかもしれない。引き渡しを3月に希望なので建物だけを先に完成させる。外構は住まいながらの工事となる。完了検査は建物だけなので可能なのだ。