青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

職人探し

今朝は冷え込んだが日中は晴れて昨日よりは暖かい。現場はサイディングも終了し板貼りや出入り口付近を取り付ける。来週からはいよいよ内部の工事に入る。 
 
今年も色々あって忙しい。忙しいのは下請けの業者も同じで仕事を依頼しても良い返事がない。やらないのではないが工期が見込めない。つまり予定通りできないかもしれないと言う。 
 
理由は人で少し大型になると断られる。職人を集めるのが難しいのだろう。仕事が続いて安定するなら業者があるはずだ。続かないから分裂し一人になったりして集めるのに苦労する。 
 
大工も同じで当社のように何棟も建てない業者は空きの期間が生じる。そこをどうやって繫ぎ止めるかが問題だ。手刻みだから年に2棟もあれば二人くらいは何とかなる。 
 
フリーの職人は減り続けているからだんだんさがせなくなる。特定の住宅会社専属で他はやらない職人は手間賃が安くても安定する。傾向として若いのが家庭事情もあって安定志向だ。 
 
60代が主力のフリーは何年かでいなくなるだろう。手間のかかる手刻みはできなくなる恐れがある。本当は息子の弟子が登場してくれると良いのだが見つからない。他職業から大工になりたいとか探してはいるのだが。 


メガネ

昨夜の雪が少し残って気温も低く寒い一日。外壁を貼り終わって外部の仕事が終了。明日もう一度細部をチェックして内部になる。電気工事を予定していたが内部の壁をまだ工事していないところがあり延期。 
 
先日メガネを変えた。昨日届いて今日から使っている。念入りなチェックもあってレンズがぴったしと言う感じだ。すこぶる快適である。 
 
安物の眼鏡店はたくさんあるが事前のチェックが簡単すぎる。専門店になるとチェックだけもかなり時間をとる。しかもレンズがすごく高い。フレームよりはレンズなのだから当然かもしれない。 
 
見えないのは近くだけと思い込んでいたが遠くも結構見えていなかった。老眼は歳と共に進むからしょっちゅうチェックしないとならない。眼鏡店でやるのだから当然交換を勧められる。 
 
くっきりと見えて快適ですよとの言葉に乗せられ交換した。なるほど快適は嘘ではない。2,3年ごとに見直して交換すれば良いのだろう。眼鏡店はそれで商売をしているのだから。 
 
メンテナンスで安定的な売上を確保できる。特に老眼は進むからなおのこと固定客になる。安物のメガネ一式を買えるほど払って交換する羽目になった。変えると見えて快適なんだよな、1年くらいは。


年取った

朝から気温が低く寒い。こう言う日は大工たちも外部より内部の方が楽だろう。もう一息で外部も完了する。明日からは電気工事の配線が入る。給排水はバスユニットもついて終えている。 
 
突然メールが送受信できなくなった。大慌てであちこちいじったり設定をやり直したり。思えば2日前に毎日来る迷惑メールが急に減った。さほど気にもせず放っておいたが変とは思っていた。 
 
サーバーから容量がいっぱいになった旨メールが来た。迷惑メールをゴミ箱に捨てるのだが削除はしなかった。3万通くらい溜まって容量オーバーとなったのだろう。 
  
ゴミ箱に入れただけだと単なる保管なので容量が増える。そんな単純なことも知らず適当にゴミ箱に入れていた。まだまだ知らないことばかりだと痛感した次第である。 
 
最近スマホに変えたら設定やら何やら面倒臭い。事務所はWi-Fiが入っているが自宅はない。隣の息子のWi-Fiを使おうと増幅器を入れた。その設定でこけて繋がらない。 
 
こんな時は根気よく何度もトライするのが基本だ。それが根気もなくなり見えにくいのもあって頓挫する。息子たちに頼んでやっとなんとかなる。こう言う時なのだよ、年取ったと思うのは。


運動より仕事

昨夜は雨が降ったり今日も朝方は気温が高い。日中はあまり上がらないので結局は寒い一日になった。材料の引き取りや搬入があってほぼ一日配達に精を出した。 
 
たまに体を動かしたりしないと調子が悪くなる。材木の配達は重いし積み下ろしなので結構疲れる。夕方になると体が痛くなるが次の日は調子がいい。 
 
適度に体を動かせと言うことだがパソコンばかりいじっているとあちこち痛くなる。7日には健診を受けたがあちこち再検査をしないとならない。順調なのは体重の増加で増え続けて止まらない。 
 
膝が痛いのは10年も前からだが手の関節が痛くなる。運動不足かと思い握力を鍛えたりしているが成果は上がらない。ところが材木を運んだり握ったりすると治る。 
 
思うに多少の運動よりは仕事で材木運びをした方がよほど運動になる。材木を運ぶのは握ったり持ち上げたりが多い。落とすとグチャグチャになり積み直しになる。 
 
仕上げ材だと傷をつけられないので余計慎重に動かす。しっかり握らないと落とすので力が入る。落とすと息子に怒られる。再加工しないとならなくなるからだ。


外壁の防火

朝は冷え込んだが徐々に気温が上がる。外壁の工事も板貼りにに入り今日から貼り始める。防火のために下地に耐火ボードを貼らないとならない。境界からの離れで貼る部分が決まる。 
 
一階は3m二階は5m以内は対象になる。よほど大きな敷地でない限り対象になる。ボードは耐水性であることも条件になる。 
 
同じ外壁の防火でも鉄板サイディングの場合は合板でもボードでも良い。耐震の観点から合板の方がボードより強いから合板が普通だ。筋違も軽減できるからコストも下がる。 
 
似たようなものに軒裏がある。火事には一番最初に燃える。しかし軒裏は防火の規定が厳格ではない。古民家などは軒裏は屋根の野地板が見えている。 
 
防火地域の厳しいところ以外は板でも問題がない。ただ確認申請時に防火の観点から板貼りはやめるよう指導される。別に違反ではないから無視しているが。 
 
今週中にも外部は完了できそうだが後はコーキングを入れると完了する。今回は軒の出がないところもあるのでコーキングはしっかりやらないとならない。IMG_0295