青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

クリニック

土曜日から始まった現場は今日も続く。夕方材木を搬入して明日は大工が3人体制で進める。工事予定日が遅れて材木にヒビが入ったり曲がったりしている。大したことはないので影響はなそうだが。 
 
昨日はいつもの温泉へ行った。近くにできたクリニックの先生がアンケートに来ていた。温泉の成分が具体的にどのような効果があるかを調べると。市内の大きな病院を退職した先生と大学病院の先生と二人いた。 
  
ここの温泉はラヂウム鉱泉として有名で湯冷めしないと評判だ。その具体的な効果のほどを調査し学会で発表したいらしい、効果があるか興味はあるが先生もお休みのところをご苦労なことだ。

介護施設兼用の病院は地域の生命線となる。人口が少ない場所で普通に開業できるところでない。医師も大きな病院を退職後はこういう働き方もある。地域の年寄りには助かる話だ。 
 
無給医の問題があったが都会では研究をしたいとか勉強のために勤務医でないのがいる。退職後に無医村のようなところで公共の施設を借りて働くのもある。収入は下がるがやりたいことはできるようになる。医者も様々だ。 
 


小さい工事

今日から新しい現場がスタートする。内部工事なのだが足場を組む。大工と搬入組み立て養生などをする。午後から別物件の見積もり提出。合間に雨樋の修理の現場へ。 
 
7月に入ったのに20度くらいしか気温が上がらない。例年今頃は梅雨が明けるまで続く。サクランボが最盛期で現場でもいただいた。雨が続いて庭の草が次々と出てくる。 
 
小さい仕事が溜まって片付かない。職人を手配し現場で要領を説明し工事中も完了後も見に行く。金額の大小には関係なく手間ヒマはかかる。過去のお客とか紹介なので先延ばしはできない。 
 
お客様の都合を聞いて職人に合わせてもらって工事する。日程の調整だけで結構な手間だ。こうやって客の要望を聞くと次の仕事が出てくる。利益率とか金の問題でなく客の要望に応えるのが肝心だ。 
 
客の中にはこちらの予定など御構い無しの方がいる。職人不足の折から希望の時間通りにいかないことが増えた。20年前とかから比べると客の要望が細かくワガママになっている。 
 
高額な商売なので何でも無料とか自分の都合優先になっている。出来るだけ合わせるようにはするが職人だって余っているわけではない。間に立つこちらも両方の不満をぶつけられ難儀する。それも仕事のウチなのだが。


ネット

今朝は小雨で散歩はなし。サッシのアフターで現場へ。すぐ戻り図面と見積もり。午後から板金屋に足場を借りに行く。トラックに積み込んで現場へ配達。また事務所へ戻り図面の続き。 
 
スカッと晴れた日が少なくて半袖シャツを着ると寒い。少しでも晴れるとそうでもないが曇れば寒いのだ。着る回数が多い半袖シャツは安いのでたくさん買う。長袖と入れ替え時に5年以上着ないものは捨てた。 
 
購入先はほとんどネットだ。店舗まで行く時間が惜しいのでついネットで見る。店舗買いと違いネットは色は確認できても風合いとか手触りなどは分からない。シャツだと首と袖はわかるが裾長さが違ったりする。 
 
結局失敗品は着ないので残る。そう言うのはメルカリで売ったりするのだろう。溜まる一方で捨てることになる。勿体無いような気がする反面中古で売る感覚が分からない。 
 
車とか高額なものはともかく衣料品などは売ろうと思ったことがなかった。食品でもレジ袋でも無駄を省こうと言う風潮が多くなった。私もできるだけレジ袋は貰わないようにしている。 
 
なのだが自分が着たものを売ると言うのまでは思いつかない。しかも何百円とかすごく安い。捨てるよりはいいと言う感覚だろうか。パソコンとか余っているものは沢山ある。何でもネットで売って処分する時代が来そうだ。


得意な分野

散歩の時は降らなかったが徐々に降り始める。朝一番で見積もりを届けそのままアフターの現場へ。終わって作業場へ行き大工と打ち合わせ。土曜日からかかる現場があって材料を加工している。 
 
以前建てた現場なのだがリビングの吹き抜けに廊下を作る。広大なリビングなのでなんとなく勿体無いとなった。洗濯物干しとか活用したいと言うことだ。確かに広くて無駄な空間に見える。 
 
広さとかゆったりの感覚は人により違う。私的には特に広いと思わないが個人的な生い立ちとかはかなり影響する。小さい家に育てば当然だが大きな空間は無駄に思える。 
 
設計は趣味ではないので客の意向が一番だ。素人であるからこちらの提案も全部理解しているとは言えない。できて初めてこうだったのかだろう。当社は面白いと思ってもだんだん不満が出る例もある。 
 
だからと言って施主受けの良い流行りをやりたくはない。自分のもっとも得意なもので勝負したい。少数派と言われようが古民家とか国産材の旗は降ろしたくない。ライバルもいないし儲かるとは言えないが得意の分野だ。 
 
息子も宮大工の修行をしてきて技術も意欲もある。職人だから自分で現場を取る力はない。どこかに働きに行くしかない。他所にいけば自分の思い通りにはいかないだろう。親子だから今はやりたいことを続けていける。親としてはなんとかしたくなるのは人情だ。


キャッシュレス

今朝も散歩に出かけた。いつも会うのは同じメンバー。時間もコースも同じ。早朝とは言え運動をすると汗ばむ。ワンコは自分のペースで走りたいから駆け足になる。 
 
午前中は現場二つと見積もり。午後から次の現場での打ち合わせ。戻ってすぐ図面と見積もりの訂正。その後また提出のために現場へ。発注や業者との打ち合わせも入り忙しい。 
 
振り込みをしたら多いと電話があった。ネット振り込みに慣れておらず金額を間違えた。あまりに簡単にできるので何箇所も一遍にやってしまう。うっかりミスだろう。 
  
しかも合間に銀行間の移し替えもあって混乱する。慣れてくれば落ち着くとは思うが。買い物にカードを使うようになったのもある。どこの口座から引き落としになるか注意しないとならない。 
 
キャッシュレスの流れが強くなった。現金支払いは減って振り込みが増える。口座からいくら引き落とされるか常に注意が必要だ。個人と会社の両方だからだ。 
 
キャッシュレスとポイントの仕組みが理解できない。消費税もあってますますチンプンカンプンになる。キャッシュレスと自動引き落としで通帳からいついくら落ちるかこんがらかる。