青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

ワクチン

今日から5月。連休なのだがいつものワクワク感はない。もちろん何処へも行かない。日課のように夕方早めに帰って薪割りをする。やっと半分を超えたか。 
 
いまだにマスクなしで買い物に行ったりしてしまう。車には積んであって事務所以外に出るときはつける。なのだが考え事をしたり心配事があるとつい忘れる。店に入ってからあっとなる。 
 
これだけ時間を経ても習慣化していない証拠だ。自宅と事務所の往復がほとんどで来訪者も少ない。マスクをつけるときがあまりない。歯医者に行くときですら忘れる。 
 
こんなものが習慣になるなんて考えてみればおかしい。ワクチンもなかなか進まないし経済大国が泣く。規制が厳しいのか国産ワクチンもさっぱり出てこない。主な大国はほぼ自国のワクチンを開発している。 
 
円安傾向が進んで日本の経済力の低下が始まったのだろうか。何をするにも調整だ、規則だと書類ばかり書かされる。地方は高齢者が多いからワクチンの接種に関心が高い。接種券が届くとわっと電話が行く。 
 
車を運転していてもシルバーマークをつけた車に迷惑する。遅い、急に曲がるなどイライラすることがある。この無頓着さでワクチンが始まると自分の都合で電話する。これからもっと増えるのかと思うと気が滅入る。


モタモタしているうちに桜も散り事務所の公園も葉が茂ってきた。お向かいの売地も売れたようで上棟と基礎工事が続く。ザッと見、高級とは言えない普通の家が多い。小さく区切ったのだから致し方ないだろうが。

やっとコロナのワクチン接種が始まる。今日あたり接種券が届き医院の予約ができる。来月末になりそうだ。先進国なのに接種が遅れるのは解せない。途上国にも遅れをとっているように思える。 
 
コロナ禍はワクチン次第で収束が始まる。遅れるといくら制限を課しても効果は薄い。これから秋口にかけて収束が始まるだろうか。直接間接に影響は計り知れない。 
 
住宅もパッとしないのは仕方ない。若年層の人口減は止まらないし高成長とは縁がない。新築需要は減りリフォームが頼りなのは明白だ。当社もそうなっている。 
 
リフォームは今まで縁がなかった方よりも工事した方が多い。いわばストック数ですな過去の。そこは30年以上のキャリアがものを言う。特に何をしなくても来るときは来る。 
 
ノンビリと電話待ちばかりはしていられないが焦っても仕方ない。抱えた大工たちが他所へ出稼ぎに行くのが少し気がかりだが。職人不足のご時世で何処へでもいける。 
 
事務所の玄関前に桜の根っこが5,6年前から立っている。今年変な黄色い泡のようなキノコのようなものが出た。少しずつ変形して溶けていくように見えるが何かの卵なのか。 
IMG_1951


レトルトカレー

昨日も天気も良く引き続き薪割り。流石に一日は疲れる。昼に温泉へ行ったが取れない。帰ってからも止せば良いのにまたやってしまった。流石に腰は痛いわ握力がなくなるは歩くのにもギクシャクする。 
 
夕方5000円レトルトカレーを味見した。ここの会社は無印良品のこだわりのレトルトカレーを作っていて3月から自社ブランドでの販売をする。ネットと実店舗と売り出されるのだが記念のレトルトカレーとタンシチュウだ。 
 
レトルトもすっかりお馴染みになったが高級というイメージはない。こちらはレストランの味にも負けないものを目指している。仙台の会社で大震災の際は無印の店舗も販売中止にするほど信頼を置かれている。 
 
OEM生産だけだったが各社のこだわりメニューの開発にも関わった。ノウハウもあるし自社ブランドでも販売するようになった。ウリはレストランにも負けない味と言うことで高級品を売り出す。 
 
前置きより味だがホテルのカレーと言う感じだ。ビーフも柔らかくケチらずたくさん入っている。私が覚えている味では一流ホテルのカレーに近い。すぐ食べたかったがタンシチューは来週まで娘の希望で待たされる。


薪割り

あっと言う間に孫の春休みも終わりいつ通りにタクシーで通学。あまり仕事のない私はと言えば薪割りに精を出す。午前中は事務所が多いが午後何もないと自宅土場に直行。 
 
玉切りが終わって割っては積む。これも中々の重労働で節などがあるとマサカリは弾き飛ばされる。パカっと割れると疲れないし気分もよろしい。直径の小さい順に割って体を慣らす。 
 
前から所有しているマサカリは径が20センチ以上は少々しんどい。大物ばかりになって楔のお世話になるケースが増えた。疲れるし面倒臭い。で、頭の大きい重たいマサカリをネットで買った。 
 
前のやつは2.7キロだが今度のは3.8キロある。なるほど持ち上げるのもしんどい。しんどいが振り下ろすと面白いように割れる。慣れは恐ろしいものでこれにしたら軽い方が物足りない。 
 
交互に使い分けながら割りやすいのを片付ける。この大物でも割れないやつばかり残し薪割り機を借りようと思う。三分の一ほど片付けだろうか。昨日は家内も手伝わせ棚に積んだ。 
 
長さが6m、高さが1.5mで3列ほど積む予定だ。家の薪置き場は屋根が掛かって壁で囲んである。だから乾燥してからでないと積めない。とりあえず土場の方に秋まで積むことにした。あとひと月はかかるだろう。 
IMG_1943


4月

4月に入って気温が高い日が続いたが今日から寒くなった。4週続けて日曜は雨で春休みの孫は遊びに連れてもらえなくなった。今日は家内が孫を連れ出し遊びに行った。 
 
事務所の向かいはいよいよ着工のようで遣り方貫も打った。下の方は基礎も終わったようで上棟間近のようだ。広大な庭の木を動かし分割してすっかり住宅地になってしまった。亡くなったご主人は草葉の陰で何と思っているか。 
 
3月頃までは現場の動きがなかったが4月に入り活発になった。あちこちで基礎工事が始まり景気回復の狼煙となるか。住宅会社はこれから忙しいようで仕事のない当社は大工たちが手伝いに行っている。 
 
新聞広告の効果もなく当面仕事がない。アフターや手直しぐらいなく専属の大工は他所に貸し出した。コロナのワクチンもまだ目処がつかず決定的な回復は望めない。 
 
年金暮らしの高齢者しか相手にできずリフォームが益々増えそうだ。仕事がない日はせっせと薪割りに精を出し身体中が痛い。しかし体調は良くなり体重も減り血圧も下がった。当分はこんな日が続きそうだ。