青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

昨日より暖かい朝で気のせいか目の前のワンコも元気が良い。支払いとか図書館に寄ってからタイヤ交換に行く。
スタッドレスは二組あって古い方を取り替える。何種類かの中古を見て一番安いのにした。
アルミホイルつきでまあ5分山ってとこか。すぐ交換が終了しアルミホイルのトラックの完成だ。
今までもアルミなんて考えたこともなくたまたまオフセットも合うしタダなので変えた。

交換作業中に気がついたがフロントタイヤの板バネがエンジンの重みでシナっている。後ろの板バネは上に反っているのにフロントは逆だ。
新車時からだったかは記憶がない。前後共板バネで毎年のように折れる。
一枚くらいだと折れても気がつかない。少なくともタイヤハウスを見ても違和感がないのでこんなものなのだろう。
一種の疲労骨折のようなもので5枚重ねのうちの一枚が折れる。車検時に交換するのだが普段は特に支障はない。

タイヤ交換をする度に下回りの簡素さに驚く。こんなに簡単にできるのにどうしてあんなに複雑になるのだろう。
乗り心地とかカーブでの傾き加減や色々あると思う。思うが複雑になる程金額も張るし緊急時の修理も難しくなる。
砂漠やジャングル地帯で使用されるトラックは今でも下回りは板バネになっている。理由は故障しにくく直すのも簡単だと聞く。
それって家も同じで値段も張って直しにくく腐りやすいところは共通だ。ゴツく頑丈でシンプル、家もこうあるべきだ。CIMG4152
CIMG4154