青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

機能美

コロナだ47万キロだと言ってうちに2月。金曜日に雪が降って吹雪いた時にトラックをブツけた。荷台の左側テールランプのあたりをグチャとやった。板金屋に持ち込んだが面倒な修理になる…らしい。 
 
まあ2,3週間は覚悟している。古くなると部品がすぐ来ない。角をぶつけると板金修理が面倒で時間がかかる。荷台だけでも4.5箇所潰れているような車だから徹底的な修理は要らないと申しているのだが….。 
 
40万キロを超えたあたりから少々ぶつけても車検さえ通れば直さない。トラックはバックする時に後ろが見えにくい。特に低い位置に障害物があるとお手上げだ。お前が下手なだけだろうと言われるが。 
 
多少凹んでも車検は通るからそのままになる。錆びて穴が開きパテなどで自分で修理する。車検は穴が開いたら通らないから塞ぐ必要がある。錆びて穴が開いている所はフェンダー周りを中心に全部塞いだ。 
 
肝心のエンジンとか足回りは問題がない。まあスイッチとか電装関係は時々壊れるからすぐ直す。ディーゼルなのでエンジンは長持ちする。オイル交換さえまめにやれば調子が良い。バッテリーは頻繁に交換する。 
 
修理工場の前を通るから愛車が見える。遠目には存在感はなかなかのもので迫力はある。ボンネットタイプの車トラックには機能美がある。荷物を積むことに絞られているから思い切りが良い。無駄な化粧がないと言うことだ。


47万キロ

1日中氷点下で今日は寒い。昨日47万キロになったトラックをぶつけた。調べると45万キロは21年3月になるから1年で1万キロ弱走ることになる。替えようと思ったことはないから修理する。 
 
もうどこが悪いとか調子がなんて言ってられない。ボディは錆びて穴だらけだし電装関係もあちこちイカれている。荷物を積む部分のボディはボコボコで車検さえ通れば直さない。トラックは荷台側をぶつけ易い。 
 
流石にボンネットとか乗り降りのドアなんかはぶつけない。錆びて来るだけなのでセッセとパテを詰め自分で塗装する。ところが荷台は別で思ったより長いので曲がりきれないとかバックでぶつける。運転が雑か下手なだけだが。 
 
古くなってくると少々の傷は気にしない。荷台側は尚更で穴さえ開いていなければ車検は通る。だから擦ってもぶつけてもそのままになる。ところが昨日はバックして自宅倉庫の柱にテールランプ部分をぶつけた。 
 
トラックは後ろの荷台の隅に電装関係が固まっている。それを一気にベッチャと壊した。これでは走れないから直さないとならない。しかもプラスチックだけでなく取り付け部分も潰した。あーあと思ったが遅い。 
 
仕事もなくトラックがなくても支障がないが修理費が痛い。自営は仕事さえあれば金は回るがないと全て自腹になる。で、ゲンナリしているところだ。こんなに猛吹雪じゃ仕事もないだろうし。 
IMG_2319


花梨ジャム

やっとコロナも抜けてと言いたいところだが少々調子が悪い。痰が出て咳が出るので人と会うのに困る。ヒマなので薪を割ったり積んだりしている。倉庫の隅にはまだまだ残材が溜まっていて引っ張り出して薪にする。   
 
年末に花梨ジャムをいただいた。我が家には花梨の木があって結構な量の実がつく。捨てるだけなので欲しい方にあげている。もらった方がジャムを作ってそれをいただいたのだ。 
 
花梨は酒に浸けて喉の薬とかに使う。そのぐらいしか使い道がないと思っていた。もらった赤い透明なジャムを見て正直びっくりした。味は少しエグ味があり砂糖が入っているから甘い。 
 
パンに付けたりするのには向かない、と思う。何気なくコーヒーに混ぜて飲んでみた。結構いけるではないか。コーヒーの苦味と花梨のエグ味が微妙に合う、とハマった。とにかく毎回混ぜて飲む。 
 
自分で作ろうと思い残っていた花梨を煮て漉した。花梨は硬いので切るのが大変だが皮を剥いて煮込む。煮汁にグラニュウ糖を混ぜると完成だ。種も一緒に煮ると綺麗な赤い色に変わって来る。 
 
ジャムは色々作るのだが花梨は始めてだ。ジョミの木もあちこちに生えているので採取してジャムを作る。小さな実を集めて煮て漉す。手間と実の採取が大変なので家内は嫌がる。
IMG_2313


コロナ

さて新年である。書き込みがないのは正月からコロナにかかったからだ。元日の夕方から熱が上がり夜間休日の病院へ行くとコロナであると。熱の薬と咳の薬をもらって自宅へ帰る。 
 
それから4,5日はフラフラで寝込んでしまった。毎日保健所からは電話が来て様子はどうかと。どうって具合悪いとしか答えようがない。2日もすると家内にも感染り夫婦で寝込む。 
 
熱はすぐ下がるが咳や痰がひどい。タチの悪い風邪のようですこぶる調子が悪い。ボーッと毎日テレビを見て動けるようになったのは1週間もしてからだ。咳が止まらないのは今でも同じで他人に会うのは憚られる。 
 
まあ2週間経って何とか通常に戻った。高齢者は注意を要すると何回も聞いたが罹ってようやく分かった。昨年息子たちもかかったが2,3日で普通に戻った。ところがこちらは1週間経っても調子が出ない。 
 
回復がすごく遅いのだ。体がだるいし咳が止まらないしとても仕事どころじゃなくなる。お寺のお金を集めに来たおじさんに聞いたら隣近所皆罹ったそうだ。あるものはホテル住まいで家族と隔離された。 
 
ある方は1ヶ月も調子が出ないとか様々だ。で、原因を探ると年末の買い物だったようだ。我が家は大晦日には皆で料理を食べる習慣がある。その買い物にあちこち歩いたのが悪かったようだ。 
 
結局遅かれ早かれコロナには罹る。家から出ない訳にはいかないし人と繋がっている以上必ず罹る。罹れば熱が出て風のようは症状が出る。これは皆同じで他人に移さないようにするしかない。年寄りには結構しんどいものではある。


地球環境

師走….走るのはコロナの医療関係だけか。あいも変わらず減る気配がない感染者。十分と言う方は沢山いるが減らないのは対策が不十分なだけか。お隣の中国のような厳しい対策が必要なのか。 
 
パンデミックは今世紀中に何度かあると言う。未発見のウィルスが次々と出て来るのだろうか。人間の方が弱くなって広がるのだろうか。戦後何度も不景気はあったがこれほど全職種に影響を与えたのはなかった。 
 
とにかくコロナは全てに最優先で問答無用で流行る。対策も何も次々と感染者は増え世の景気を悪化させる。インフルエンザだって毎年かかって亡くなる方もいる。コロナもそうなるのだろう。 
 
地球環境の悪化がもたらしたのは間違い無い。住まいだって限りない人間の欲望で健康被害は増えている。その対策が次の悪化を呼びキリがない。公共建物に木を使うとか見た目だけのフアッションで終わってしまっている。 
 
国産材の将来はどうなるか見通せない。切り出した材木のほとんどは集成材に使われ無垢材の家は無くなった。製材所はほぼ全滅し集成材のプレカット以外に建てる方法がない。コストカット最優先で建材化も進む。 
 
健康被害には換気で対応し機密性を高めた断熱も奨励する。本来は相反するものだと思うが対策がチグハグなのだ。完璧な対策は無いのだろうが経済発展と引き換えの環境悪化を防ぐよりない。 
 
違法伐採や農地化は欲望と引き換えなので人口増で減ることがない。30年後には食料不足が全世界で起こる。食料増産と違法な開発は隣り合わせだ。肉食の代わりに魚を食べたら資源枯渇になる。寿司と焼肉はなるべく食べないように気をつけなくちゃ。