青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

古民家リフォームのウリ

今日は一番の暑さ。夏本番だが現場は外部の工事がない。塗装業者が内部塗装をしている。お施主様との打ち合わせで午前中かかって細部の仕上げを確認いただいだ。共働きで忙しく時間を取れない。 
 
定年も近づいて重要なポストなのだろう。まだ現役なのでテキパキと物事を決めていく。実際の現場を完成近いところを見ながらさらにこだわりの部分を確認していく。古民家リフォームの醍醐味と思う。 
 
照明器具にブナコを使ったりタイルに厚みのある高級品を使用する。メリハリをつけて凝るところとそうでないところを分ける。使わないだろう二階の子ども部屋は収納部屋に変わる。機能を一階に集中させてお金もかける。 
 
水回りの一部は既存再使用なのでその分の余裕が玄関などのかける。下駄箱もケヤキの手作りだし建具も凝っている。照明はブナコで決まる。一番の見せ場になる。リビングとキッチンはワンルームで間接照明で雰囲気を変えた。 
 
本物で建具家具を作りつけるやり方は当社のウリの一つだ。天板や付け柱、曲がり材を持っているからできる。そう言ったものを使うことで雰囲気がグッと本物っぽくなるし今までのクロス貼りとの違いだ。 
 
リフォームが主流になる予測が多いが競争も激しくなるだろう。当社のように本物を使うところをウリにするのは少ないだろう。大工の技術、作業場があることも重要なポイントだ。


景気悪化

気温が上がり暑くなる。現場にはシステムキッチンの業者が入る。大工たちは次の現場の加工で作業場へ。材料の搬入と加工で製材所へ行く。できた材料を現場へ搬入する。 
 
来週から本格的に仕上げ工事になる。塗装が入り漆喰とクロス貼りが施工し最後が器具付けになる。概ね3週間と見ている。6月の中旬には引っ越しができるようになる。 
 
予定より半月も早いが職人がすぐ来てくれるのが原因だ。たまたま空いていたのか景気が悪いのか。どの業者も似ていると言うことは現場がないと言うことになる。 
 
内閣府の発表にあるように景気は悪化の傾向になるようだ。消費税上げの延期が取りざたされるようになってきた。衆参同時選挙の口実に消費税上げ延期を挙げるのだろうか。 
 
選挙になれば自民党が勝つ確率が高い。憲法改正や沖縄の問題など多少強引にでもやれる状況になる。そして首相の任期延長なんてことになったら困ってしまう。 
 
政治的なことはともかく景気の悪化は地方にはかなり打撃になる。人口減もさらに進める結果になる。高校生の県内就職率は全国最低なのだがさらに下がることになる。


ヤマセ

雨は降らないが曇りがちで冷たい風が吹く。ヤマセと呼ばれる海からの冷たい空気が田植えのの時期に来る。これが冷害の元になるだが上着がないと寒い。後片付けをした大工は作業場へ行って加工をする。 
 
昨日から来た土工は駐車場のタタキを作る。内部の左官業者でもあるが漆喰やタイルはまだできない。塗装業者が月曜から工事するがその後になる。外部と内部が同時進行なので出来上がりも一緒になる。 
 
午後から店舗の改装の現場へより打ち合わせ。来週から工事になるが材木、建材の発注急ぐ。材木は製材所に在庫があって明日にも加工できる。建材は4,5日かかるから着工してからになる。 
 
同時に下請けの業者と打ち合わせなければならない。大工工事が主で大きな工事はないが工程がある。今月中の完成を目指している。リフォームや小工事が続くが段取りと打ち合わせが重要だ。 
 
業者も順調に入るし工期が早くなってお施主様には喜ばれるだろう。昨年の記憶があるから工期を長く見たが訂正しないと。逆に景気が悪くなって仕事が減っているのか心配になる。


バイク

大工工事が終了する現場はごった返した。塗装や外部の土方や出入りが激しい。その中で仕上げの最終チェックが進む。今日片付けて終わるか明日までかかるか。 
 
何だかんだと業者は順調に入る。すぐ来れない前提で工期を考えたので早く終わりそうだ。やはり建材店の見立ては当たっていたと言うことか。昨年に比べるとだいぶヒマなようだ。 
 
この分だと外構と左官は5月で良いところまでいく。クロス貼りも一週間もあればできる。6月いっぱいの予定が中旬にはできる。アパートから早く引っ越したいお施主様は喜ぶだろうけど。 
 
店舗の改装の見積もりがあって今の現場と近いので大工を連れていく。工事の段取りが住宅と違い変形になるので見積もりできない。倉庫だったところを仕切って店舗にした。 
 
一階は店舗で二階は民泊の部屋になっている。元は倉庫だったので広さは十分だ。仕切さえすれば部屋はまだつくれる。趣味のバイクで繋がった店舗なのであちこち置いてある。なんでも50台以上所有すると言うからすごい。


高額リフォーム

風もなく朝方少し雨が降ったが晴れる。明日から外の外構も始まって大工が明日で一応終了。塗装も来週入るしいよいよ仕上げ工事が本格化する。大工はベランダの加工に行くことになる。 
 
景気が悪化との内閣府の発表があった。中国の悪化の影響で加工機械などの輸出が減る。消費税上げが迫っているがどう影響するか。新築の場合だと10%になっても減税や給付金などが増える。結論から言うと値上がりになる要素がない。 
 
中央よりも厳しい地方では景気が上がっても恩恵は少ない。下がるときは敏感に反応する。傾向としては新築需要は横ばいで金額が下がり気味だ。建売の増加で注文住宅も下がった。 
 
50歳以下の層は人口減になるから将来的にも減る。需要も確実に減るが相対的に中高年のリフォーム需要は堅調だ。チラシもリフォームの方が多いくらいだ。 
 
高齢者の貯蓄高が平均の中央値が1639万円になる。平均値だと2384万円だがこれは超お金持ちも含めた平均だから高額になる。実感としては中央値の方が近い。逆に2500万円以上の世帯は34%になる。 
 
一部の金持ちが全体を引っ張っているのだが裕福なのは間違いない。50歳以下の世帯で貯蓄高1000万円以上は少ないと思う。リフォームよりも高くつく新築需要は50歳以下だろう。
 
60歳以上の方でもリフォームをする。長生きの時代はリフォームをして80歳まで保たせないとならない。以前なら壊れた機器類の交換が主だった。今はお金があっても墓に持って行かれないと大がかりにリフォームする時代になった。