青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

リフォームの現場へ行ってきその確認。その後デッキの現場へ基礎屋を連れて行く。デッキの床下の束石を入れる。夕方までかかって完成した。作業場で刻みの確認後リフォームの現場へ戻り大工たちと打ち合わせ。来週から二つに分かれる。 
 
リフームの現場も2週間になるが解体が最初だったので劇的に進んだ。外部はほぼ壊して外断熱を貼り付けた。サッシも取り付けたし薪ストーブの煙突も完成する。来週から増築部分の建て方も始まる。これができると外部は完成だ。 
 
外壁はサイディングと焼き杉を予定している。玄関周りは焼き杉の下見張りにササラを付ける。いわゆる鎧張りだが本格的な和風では定番だ。焼き杉はバーナーで炙った既製品が売っている。ササラとか一部は自分でバーナーで炙る。 
 
展示場はグルリと焼き杉になっている。作業をする大工も煤で真っ黒になり大変だ。軍手をしても中まで真っ黒になる。切り口や足りない部材は炙って作るがこれも熱くて大変だ。展示場の時は面白半分に手伝ったが鼻の穴まで真っ黒になった。 
 
展示場は無塗装だが雨風で煤はすぐ取れる。今回は黒っぽい塗装をする予定だ。古民家風はやはり鎧張りでないと決まらない。焼き杉とか凝ればなお風雅なものになる。古民家リフォームっぽい仕上がりになる。