青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今日は晴れて暑い。事務所の隣の駐車場を見ると子供たちが一杯いる。遠足か何からしい。朝から晩まで高校生や小学生が通る。夕方には部活の高校生が階段を駆け上がる。 
 
午後から展示場を見たいという方が来る。いろいろ説明をする。古民家風を好きだと言う方は思ったより多い。特別な方と言うイメージがあるが本物とか自然素材が好まれるからだろう。家つくりも工業化が進みプレカットだ集成材だと組み立てる方式が主流だ。 
 
だから選ばれる基準も見た目のデザインに重点が置かれる。グラフィックデザインのようにイメージやブランドで決まるようになった。それに断熱や耐震性をプラスしてデザインする。現実は住宅メーカーのコストダウンを巧妙に進めている。建材メーカーと住宅メーカーはうまくす擦り合わせている。 
 
高断熱も耐震強化もメーカーに有利にできている。在来の家の強度は仕口や貫によるものだが建築基準法は一切認めない。耐震性の根拠はもっぱら金物に拠る。耐震性の検査は金物検査と呼ばれる。さらに強度を増すために床壁に合板を張る工法が主流だ。 
 
画一化と建材多用を好ましからざると思う方もいる。自然っぽい伸び伸びとした家と環境に魅力を感じる方も増えた。それらの方が古民家という言葉に惹きつけられる。自然素材とか木の家とか今まで謳ってきたが分かりにくかったようだ。その点古民家はすぐわかる。
CIMG4951