青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今日からオリンピックが始まる、あまり関係がさそうだが。昨日早速サッカーが負けたし。次のオリンピックの開催国が日本なので大いに盛り上がるだろうね。都知事選挙の騒動が尾を引いてそちらもオリンピック絡みだし。 
 
今日は書類や図面を用意して明日の打ち合わせに備える。事務所の玄関ドアが22年目で腐って穴が開いた。で、アルミ板を貼って隠した。サッシ屋からアルミ板の切れ端をもらって自分で貼った。 
 
22年くらいで腐って穴が開くのは尋常ではない。メーカーの名誉のために言うなら原因はこちらにある。住宅用玄関ドアを入り口に使用する際に模様つきガラスを透明に変えた。型ガラスは厚さが4ミリで透明は3ミリである。 
 
ビートと呼ばれるゴムでアルミ枠に押し込んである。薄い透明に変えたのにビートをそのまま再使用した。隙間が空く道理で長年に漏って中が腐った。本当は交換した際にビートではなくシリコーンでコーキングするべきだった。 
 
腐ったところをえぐり出して貼るのだが表面のアルミの下は発泡スチロールになっている。木枠にアルミ板を貼っただけだ。私も勤めていた会社だからあまりなことは言えないが少しひどい。 
 
これだから建材が20年くらいしか持たないと言うのを納得してしまう。何かの原因で表面が腐るとひとたまりもない。木製ドアも使ったことがあってこちらも表面が汚れて怒られたものだ。 
 
丈夫そうなアルミ製でもこの程度なら汚れても本物の木の方がまだマシだ。県産材にこだわるようになったのにはメーカーでの体験も一因になっている。 
 
見た目優先で耐久性にはあまり関心を持たないのがメーカーだ。住宅会社も同じで長持ちは家ではなく儲けたメーカーの方なのだ。