青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

やはりと言うか案の定パソコンは動かなくなった。結局預けて修理してもらう。だから今日はiPadを使ってブログを書いている。時間がかかることこの上ない。今度も結局アップルに送る羽目になりそうだ。

今日も現場は大工二人だけで他が休みなのか誰も来ない。最も何処の業者も忙しくて来たがらない。理由は簡単で職人が足りない。業種関係なくだから深刻だ。

昨年はあまり意識しなかったが今年はどこも忙しい。他を探そうと連絡して見るがあっさり断わられる。当たり前だが長年あの付き合いを優先する。たまに電話するようなところは相手にされない。

昨年はあまり感じなかったが今年は何処へ頼んでも同じだ。あいよと二つ返事で受けるところがない。このことは業界の力関係にも影響する。

つまり元請けだからと値切ったりワガママは通用しなくなる。仕事を取る苦労より職人集めに苦労する時代が来たと言うことだ。仕事がないからと厳しい物件は手を出せなくなってくる。

そもそも現場ではサラリーマンには想像もつかない習慣が運びっている。週休二日制とか収入の安定など無縁だ。仕事があればカネになるしなければ無収入になる。

そういう中でも大手はあの手この手で職人集めにアイディアをひねる。仕事を継続させる代わりに手間賃を値切る。休みも確保したり精勤手当のようなものもある。サラリーマン化してきた。

手間暇をかけた現場は客の満足度が高い。当社はその信念でやっているがどんな現場でも同じとはいかない。客も様々で値切るのもわがままなのもいる。同じ手間と料金であれば正直者がバカをみることになる。

同じ仕事なのに満足度はそれぞれだ。そこは受注の際によく説明して見極めることが重要だろう。特に手間暇をかけた仕事がやりにくい時代が来そうだからだ。CIMG6393