青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

朝早く地震で目が覚めた。自慢ではないが私は寝たら多少のことで起きない。長く続くのは大震災で経験したので大きな可能性があると思った。もちろん現場も何も影響はなくまずは安心した。 
 
現場は天井が二階に移りうまくいけば今週中で終わる。続いて床のフローリングになるが貼り終わったら汚されない。今までは土足でも上がれたが今後はそうはいかない。養生はもちろんするのだが細かい砂などが残ると仕上げの塗装の際にゴミとなって付着する。 
 
できるだけ不純物のない綺麗な塗装のためにはゴミを持ち込まないことだ。資材や鋸屑は仕方がないが不用意な泥靴は一番大敵だ。鋸屑は塗装をしても元の素材と同じだから目立たない。 
 
県産材コンテストと言うのがあって新築工事を出品する。今年からリフォーム部門が新設され出そうと思っている。減り続ける人口は新築予備軍の若者に顕著だ。高齢者を相手にすることが多いリフォームは需要が多い。 
 
古民家リフォームは当社のウリなので何箇所か施工した。元に戻すだけのリフォームではなく古民家デザインを取り入れる。古民家は曲がりとか大梁が定番だが既存住宅にも取り入れる。 
 
曲がりは市場で在庫を探すのは不可能だろう。当社は何本か常に在庫をしている。それをリフォームにも使うのだが大きすぎて入らない。二階の床をぶち抜いたりどうにかして入れる。 
 
結局古民家リフォームをやろうとすると材料と大工の技術でできなくなる。そこは得意の分野で手頃な曲がりも用意できる当社には問題がない。どっちかと言うと新築よりリフォームに力を入れているので入賞目指して頑張りたい。