青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今朝は久しぶりの雪で真っ白になる。その後も降り続くが気温が高くすぐ溶ける。大工は5人で屋根まで出来す。急いでやらないと雨や雪で汚れてしまう。材料は揃っているし雪が強くならないことを祈る。 
 
昨日は一階を作り今日から二階から始まる。柱を立て梁をかけ金物を付ける。一連の作業を多人数で一気にこなす。そのために大工を集める。応援はその日1日だけ。 
 
夕方は屋根屋が来てフェルトを貼る。寸法を確認し板金の加工をする。4,5日もすると屋根を葺いてしまう。普段は一人なのだが葺くときは応援の職人を4,5人連れてきて1日でやる。 
 
時間を置くと途中で雨が降ったりしてフェルトが濡れる。フェルト自体は雨には影響はないがその下のベニアが腐る。だから晴れた日を選び一気に葺く。 
 
大工は人数が減りサッシをつけたり下地を作っていく。そして外部の外壁張りの準備をする。今回は外部の筋違は合板を張るので付けない。外断熱のウレタンを貼って外壁下地になる。 
 
外断熱にすると外壁が厚くなって外に10センチも飛び出す。だから基礎も外断熱にして厚くする。完了検査の時に隣地との離れを測る。基準は柱の中心からの距離なのだが実質10センチも小さい。 
IMG_1134