青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

世間には建築家と呼ばれる人が沢山いる。地方の片田舎には希としても都会にはいや世界には沢山いる。素人には思いもつかない建物を次々と繰り出す。そしてそれはまるで魔法のようでもある。

まだ高校生の頃に進学先を文系か理系かに分けられた。確たる信念もない私は数学が不得意なので教師の一言で文系に進んだ。興味もないのに成績のランクで大学を決めても大した疑問もなかった。

学園紛争が激しい入学当時、学校はストで封鎖されて授業もなく寝てばかりいた。暇つぶしにバイトをして小遣いを稼ぐ。バイト先でまだ返還されてなかった沖縄からきた若者と出会った。彼は画家志望で夜は絵画学校へ通っていた。DSC_0588

いつしか友達になり絵画学校へ一緒に通うよう誘われる。前から絵は得意で好きだったが画家と言う職業はイメージできなかった。それでも昼はバイトで夜は一諸に学校へ通った。授業の面白くなかった大学よりよほど熱心に通って友達もできた。

結局大学卒業まで絵の学校は通うことになる。就職もバイト先の出版社にそのまま彼と一緒に入社する。いろいろあって職を変え帰郷して建材メーカーの営業になった。仕事で設計事務所へ営業に行ってその仕事ぶりにかなりの興味を持った。

何度か廻り道をして営業から設計に進んだ。その時は学校を出てから15年も経っていた。必死で仕事をこなし設計者らしくなるのにさらに10年もかかる。その時になって建築デザインも絵画も同じ思考をすることに気がついた。100_2912

結局オリジナルのものは建築でも絵画でも同じだ。モノマネでなく真にオリジナルな創造は他人と似ていないことが基本だ。住宅のデザインはほとんどが誰かのモノマネだ。メーカーや雑誌などのイメージに左右される。

絵画と大きく違うのは施主の意向と金を使って自分のモノでないものを作る。その所為か自分の意思を最後まで押し通すことが難しい。また施主の好みに振り回されて完璧を求めるのも難しい。まるで障害物レースのようなものだ。

設計者が自己完結のために施主の意向を無理に曲げることも多い。作品主義的建築家に多いパターンだ。私は逆に自分の意向をある程度絞って選択肢を狭くすることにした。手刻みの真壁と言うポリシーは崩さないようにした。100_2884

仕事のチャンスを逃す結果にになってもやむを得ない。こちらに興味を示さない方が多かろうと思ったが施主の意向を無視したりすることもない。自分のやり方に意気投合してくれる方があれば理想だと思った。

他と違うやり方で家を建てたり設計をしたい。その考えに至る時に原点が学生時代の絵画学校にあると気がついた。画家の教師の他人と違う何かを追求すると言う教えは今でも生きている。

アップル社のスティーブジョブズ氏は卒業式のスピーチで点と点を結ぶ重要性を述べた。絵画学校で学んだことは当時は職業に何も影響を与えなかった。25年もしてから真の設計者になろうとして点と点が結びついてきた。

若い時に興味をもって何かに夢中になるのは後で実を結ぶ。資格取得や学校の卒業と違って自分の興味だけで学んだものは強い。その影響力は悩んだり大きく変えようとした時に発揮される。熱心に取り組めば取り組むほど影響力は強い。

真にオリジナルなものはモノマネと違って時間が経ってもあせない。長く業界にいると流行り廃りは全てメーカーが主導しているのがわかる。職人や手による仕事は利益の追求を基にしたメーカーより満足度が高い。長く持つ施主のための仕事は利益追求とは明らかに別の視点に立っている。100_2984