青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

朝からスカッと晴れない。気温が低くてそれは良いのだが。午後からの打ち合わせに備え図面作成。夕方までかかってうちあわ絵を終えブログを書いて終わり。 
 
コロナの後の回復基調が鮮明になり今年後半の景気が良さそうだ。とは言っても都会の話だ。地方が回復するにはかなりの時間がかかる。飲食業は早そうだが宿泊関係はまだ先になりそうだ。 
 
小売もスーパーとかコンビニはまだ良いとしてデパートとか一部の小売は相当ひどい。地元のデパートは昨年売却されてリニューアルの予定がすっかり延期になってそのままだ。ホテルも売却先が耐震補強を済ませてオープン寸前でコロナにあたった。 
 
地元はあまり影響がないがJRや航空会社はほぼ壊滅状態だろう。もっともこちらはV字回復となるだろうが。内部留保で何とかなる大企業に比べ地方の零細は相当な打撃だ。 
 
移動の制限や在宅ワークでスタンドも苦しい。車そのものも売れない。葬儀も簡略化が進んでこのまま大きな葬儀場が必要なくなるかもしれない。影響を受けた分野が広く一気に回復できるかどうか。 
 
その中で建設業界は住宅以外はそれなりに仕事はある。職人不足が多少緩和されて順調なところもある。住宅は新築は大きく減少したがリフォームは堅調だ。日本人は潔癖症が多いので中古よりは新築が好まれる。だからいつかは回復すると思う。