青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

平成24年春、新装なった作業場で最初の現場がスタートした。息子を中心に宮大工が3人ほど集まった。すぐ住宅を刻み上棟した。続けて大掛かりなリフォームをやりまた住宅を建てた。ほとんど息子が墨付けをして刻んだ。

今まで修行の身だった息子は大工を使う経験がなかった。33歳の息子は現場では一番若い。年上のベテランを使いこなすには経験不足だった。他の大工に任せれば良いのに自分でやってしまっていつも忙しがった。結局宮大工たちは一現場終わると皆いなくなった。

現場ごとに大工集めをして進めたが息子はプレッシャーで現場に行きたがらなくなった。苦労しながら次の年まで寄せ集めで乗り切った。その時の現場はクレームが発生しトラブルも多かった。DSC_0738

25年春になって以前一緒に働いたことのあるベテラン大工が息子の誘いに来てくれることになった。彼はまだ付き合いのない頃私の見学会に客のフリをして見に来た。私の建て方や仕事を気に入っていたようだった。それもあって息子の誘いにすぐ乗って来てくれた。息子は彼の仕事を少し手伝ったことがあった。

今は親子ほど違う息子とコンビで働いている。プレカットばかりの家つくりに不満のあった彼は他の大工が面倒がる手刻みを喜んでやる。水を得た魚とはこのことだった。

今年に入って職人不足が目に付き始めた。特に大工はリフォームが増えてベテランが持て囃される。電ドルと丸ノコでは在来工法のリフォームは得意ではないからだ。プレカットの新築に特化した仕事しかできない大工が登場した。大工とは名ばかりの現場職人の登場だ。DSC_0740

いよいよ手刻みや真壁のできない大工の登場である。電動の機械の操作は目にも入らぬほどのスピードだ。あっという間に現場を終わらせ5時過ぎには後片付けをして帰る。無駄がなく現場も綺麗で汗の臭いもなく颯爽としている。

住宅会社は組み立てと仕上げに分かれているところもある。専門化してスピードを上げ早く綺麗に現場を終わらせる。修行の経験もなく見よう見まねですぐ一人前だ。息子も応援にいくこともあるがもちろん手間賃は一緒だ。

家つくりに必要な技術と材料は確実に変わっていく。プレカットと泥臭くない大工たちの建材だらけの家が増える。修行とか山から出すとか何の価値もないと思う建主も増える。知らないだけだと思うが知っていても価値を認めるかどうか。DSC_0750

木にこだわった家を建ててきて手刻みとか国産材とかあまりピンとこない方が増えている。仕上がった板張りが価値であって柱の真壁には関心がない。工法とか無垢材よりは仕上げの自然素材に興味を示す。この程度の家だったらプレカットに板でも貼れば十分だろう。

デザイン優先の家に住んでいたから木の家の凄さとか大工たちの長持ち技術の価値がよくわかる。外材は腐りやすくシロアリにも弱いので薬漬けだ。それにビニビールクロスでは病気にならない方が不思議だ。建材メーカーの本質は利益を上げることにあるので禁止されても代わりをすぐ見つける。

作業効率の良さをウリに未熟な大工たちを増やしていく。高気密高断熱とか言いながらメーカーの尻馬に乗って売りつける住宅会社。福島の例を見るまでもなくメーカーとか行政は良心よりも仕事優先で責任は取らずに言い逃れる。自分を守るのは自分自身しかないのに皆で渡れば怖くないと危ない家に住み続ける。

そう言うことに警鐘を鳴らすのは自分の仕事ではない。しかし自分で守りたいと思うのがいてそう言う家を建てたい方がいる限り続けたい。素朴にご先祖の木で建てたいとか杉の臭いがする家に住みたいとかそんなきっかけで良いと思う。自分の好きな家を建てようと思った時に無垢材の手刻みの家が選べないのは大変不幸だと思う。DSC_0683