青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

朝晩はさすがに窓開放だと寒い。早起きすると作業には良い塩梅になってきた。
薪割りも昨年作ったのがまだ余っている。思ったより使わないもので半分以上余った。
作りすぎたと息子には言われる。お客さんに届けるとしてもまだまだ余る。
作業場では次々と出てくるしね。あまり何年も雨晒しでは腐ってくる。

去年リフォームした方から庭の手入れを頼まれる。庭の片隅にバーベキュー用の炉を作りたいと。
レンガを積んで網を渡せばいいのだから簡単そうだ。網の寸法を決めたらひっかるようにすれば良い。
下の炭を入れるところが網からの距離がわからない。近ければ焦げるし遠いと焼けない。
その辺の塩梅が経験者でないとわからない。確か公園のバーバキュー炉は下がコンクリートで2,30センチしか離れていない気がした。

問題は使う機会がどのくらいかだろう。年に1,2回だとわざわざ作るほどでもない気がする。
掃除も大変だろうし臭いもだ。そのそも住宅街でどうなんだろうか。
大金を掛けて隣近所に遠慮して使わなかった何てことになったら…。無駄な気がする。
薪ストーブもだが住宅街ではご近所迷惑も考えないといけない。煙や臭いはどうにもならないからね。