青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

銀行へ行ったり伝票を整理したり午前中は事務所。昼には地産地消の本の三上氏が来社。
昨年総集編として発行された本を他所で配ってもらおうと依頼してあった。
以前掲載されたものを集めたから同じのが別の本に載っている。ダブルから無駄だと思っていた。

どちらかと言うと当社で配るのはたかが知れている。図書館とか書店で無料配布してもらった方が効果がある。
そこで三上氏が引き取り書店などに持って行ってもらった。多分一月もかからず捌けてしまうだろう。

総集編もだが3月刊行予定の編集がさっぱりだ。例年ならもう印刷にかかる頃だろう。
原稿も来ないし間に合うのだろうか。

何事も熱意がなければ成し得ない。今年から代わった業者はこだわりや熱意が感じられない。
地元材を使った家つくりは少数派でこだわりがなければできない。
編集者もそれなりの知識が必要だ。

手刻みとか主流とは言えないものが一般の施主に受け入れらるには熱意が必要だ。
こうしたこだわりや信念のようなものが業者同様編集者にも必要だ。それでないととても興味を持ってもらえない。

ますます大企業が幅を利かす流れにマイナーなものを続ける業者は熱意がある方が多い。
衣食住のうち住だけが個性やこだわりから離れていく。ファッションや食はマイナーなものに注目が集まる。

物流の覇者であるイオンも画一化から離れることで生き残りを探る。なのに住まいだけはまだ画一化に邁進中だ。
いつになったらこだわりや手つくりの住まいが注目されるだろうか。