青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

午前中は図面や伝票作成。伝票などはやりだすと出るわ出るわで処理する仕事が増える。
昼までかかって片付ける。月末には会計事務所が来るので処理しないと。

午後から倉庫にしまってあるパソコン類を整理する。処分しようと延び延びになっていた。
梱包用のダンボールがないのが多い。倉庫を探して残っていた箱を出した。

私は昔から梱包材をすぐ捨てることにしている。邪魔になるからだが簡単に処分できないのが困る。
パソコンは処分費がかかる。で、無料で処分してくれるところがある。
送らないとならないので梱包する。箱がないので手間がかかる。

事務所も22年経ってパソコンやプリンターその他の機器が山積みになっている。
すぐ処分すると良いのだがネットで買うから持って行ってくれない。送るのも面倒だし。

パソコンは長く使うから愛着がある。さすがにブラウン管はないが液晶が2台もある。
本体も4台もあるではないか。2台以上はあるのはわかっていたがこんなにあるとは。
ハードディスクやルーター、転送器などいつ使ったかわからないのまである。

さらにケーブル類がすごい数ある。すぐ捨てていたらこんなにならないのだ。
何に使ったかわからないのや梱包に入ったままのまである。
CDも何枚も、いやダンボール一つくらいある。昔はパソコンを買うと色々ついてきた。
まあこんなのは捨てるのは簡単だが。

リサイクルも産業として成り立つのか増えてきた。先日も家族の携帯を売りに行ったら8台もあった。
一台100円くらいには引き取る。これも資源として再利用できるのだろう。
こう言うリサイクルを建築物もやってほしい。住宅は今は分けているとは言っても大部分は埋め立てる。

木材などはマキとして使う手もあるが建材はどうしようもない。メーカーが音頭をとってルートを作ってほしい。
今後も増える一方の解体工事はゴミにしないようにしたい。現場のゴミも結構な料金を払って処分する。
ダンボールとか木材とか使えるものはできるだけ分けているのだがなかなか減らせない。