青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今日も暖かく前から約束していた薪を届ける。薪と言っても焚き付け用の小割り材だ。
薪は金さえ出せばいくらでも買える。しかし焚き付け用の杉とか割りやすい小割り材はない。
作業場へいくといくらでも端材が積んである。焚き付けには最高だろう。

ストーブの設置をした現場へは時々持っていく。自宅へ持ち帰っても山になって始末に困る。
だからゴミ減らしも兼ねて持っていくことにしている。

月末の現場の打ち合わせで業者が来る。あまり忙しくもない時期で雑談の時間が長い。
情報交換を兼ねている訳だが今年のスタートは芳しくないところが多い。
後半にかけて消費税上げの駆け込みがあるのだろうか。前回は3%だったが今回は2%だ。

エコポイントとか景気刺激策もあまりない。金利が下がり続けて0.5%近い。
これは追い風かもしれない。省エネが奨励されているが刺激策が出るかもしれない。

マイナス金利のように景気刺激策も効果がなくなっているように思う。何とかポイントとかやっても本当に刺激になっているかどうか。
地方では価格の安い物件が増えて新築は厳しい状況が続く。だからいくら刺激しても効果が出にくい。

職人不足もあって一部の業種は足りなくなった。その割には手間賃は上がっていないような気がする。
だんだんと職人は減る訳だから需要が出れば手間賃が上がるはずだ。そこが安物ばかりで思うように上がっていかない。
大工、板金、土工などがたりなくなる気がする。どれも汚くてキツイ、危険とくる。

どれもそれなりに修行がいるから簡単に補充がきかない。新築はプレカット化や建材の進歩で職人対策はバッチリだ。
問題はリフォームで組み立てる新築と違い技術と知識がいる。素人に毛が生えたような職人ではうまく現場が進まない。
と言うよりどうやってやるのかわからないのが増えてきた。しかも埃っぽく体力仕事が多い。
リフォームは仕事を取ってきても工事能力がなくてできないのが出そうだ。