青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

気温が下がり寒い一日。朝一で現場で採寸と打ち合わせ。すぐ配筋検査の現場へ直行。終えて作業場へより事務所へ。結局事務所へ出勤したのは午後になる。ファックスとメールチェックをして書類作成。

昼前市役所から電話があり現場に確認掲示板が見当たらないと。事情があって掲示したくないのでギリギリまで持って歩いていた。今日は検査があるので立てようとした矢先だった。 
 
道路に面して行政には通りがかりに見える。こんな現場は役所から指摘を受ける確率が高い。気をつけないとなりません。検査も無事に済みお施主様と上棟の打ち合わせ。来月の上旬になりそうだが基礎屋が間に合うかどうか。 
 
現場が狭いので資材の置き場がない。上棟の頃は木材、建材と一気に入荷する。大工も応援が来たりして車が増える。駐車場は何とか確保できたが資材が溢れる。傷とか盗難に会わないとも限らない。 
 
修理の終わったトラックは快調そのもの。クラッチもこんなに軽く入るものかと感動する。今まではギアを入れるのに力一杯押し込まないと入らなかった。今はストンと気持ちよく入る。 
 
修理を担当した職人に30年50万キロを目指していると言うと目を丸くする。プロが見ても難しいと言うがこちらは何が何でも乗る気でいる。多少費用がかかろうと走る機能さえしっかりしていれば乗れる。パワーウィンドウ、エアバッグ、ステレオなしで走る機能だけに徹している。