青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今日も暖かく事務所脇の薪を自宅まで運んだ。午後から打ち合わせで内部の詳細も決めた。ヒバを使っているが膜を作る塗装だと匂いが消える。できるだけ自然な感じでやりたいのでワックスのようなものにする。 
 
本格的な和風住宅は無塗装とか塗ったように見えない塗料を使う。白木用塗料と言うのがあって膜を作らず汚れ防止と日焼け防止ができる。水性の塗料で仕上げりも塗ったように見えない。床には米ぬか油を考えている。 
 
外部も内部もこだわった塗装を考えている。せっかく板張りとか真壁にしても石油系のウレタンでは似合わない。水性のウレタンもあるが膜を作るのはかわりない。木の風合いを生かすにはこう言った染み込むような塗料でなくてはならない。 
 
内部は杉とヒバの両方の板を張る。ヒバは用意したが杉を明後日引き取りに行く。現場は大工が3人体制になるので内部工事が進む。一人は以前にいたこともあり慣れている。今月初めまでいた大工が調子が悪いと休んでいる。 
 
職人集めはどこも必死で廃業する板金屋にいた大工を連れてくる。そのほかにも以前来たことがある大工が一人手伝いに来る。とにかくあちこち声をかけて集めている。本当に大変な時代になった。仕事を取る苦労よりも職人集めに苦労するとは思わなかった。 
 
大工も目処がつき3月初めには左官が入って仕上げ工事になる。3月末を予定しているので2月中には大工工事を終えて家具工事にかかる。なんとかなりそうでホッとしている。