青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今日はえらく寒い一日。土留めの工事が今日から始まって来週から基礎工事に入る。基礎は3週間ほどかかるので来月初旬にはできる。できるだけ乾燥期間を置いたほうが良い。中旬以降上棟を予定しているので間に合いそうだ。 
 
リフォームの設計があって暖房について調べている。床暖房とか薪ストーブは工事費が高い。エアコンか灯油ストーブは設置費用もランニングコストも安い。が、快適さでは少し劣る。 
 
一度床暖房や薪ストーブを体験したら他は考えらなくなる。家全体が暖かく快適さは一番だろう。私は薪ストーブと温水床暖房と併用している。最初に床暖房を設置して後から薪ストーブを追加した。 
 
燃料が手に入りやすいので少し割り引かないといけないがストーブは暖かい。仮に薪を全て購入したら人シーズンで10万以上だろう。ストーブを使わないのは6月から9月ぐらいだろう。 
 
ざっと8ヶ月は燃やすから月にすると1万はかかる。真冬はもっと燃やす。単純に温度を上げたいならストーブが一番だ。エアコンではここまで暖かくならない。  
 
エアコン暖房だって月1万はかかるから倍と言う感じだろうか。速さと気楽さでは圧倒的にエアコンに軍配があがる。何たってスイッチポンで後はお任せだからね。 
 
薪ストーブは火をつけて30分ぐらいは暖かくない。温水床暖房も似たようなものだがスイッチを入れた後はお任せだ。薪ストーブは付きっ切りで燃やさないとならない。好きな方にはもちろん苦ではないでしょうが。 
 
どの方式であっても暖かさと金額は比例しているように思う。快適に過ごすには金がかかる。私のようにトラック所有で残材とか手に入る環境では薪ストーブが一番なのだがどなたでもとはいかないだろう。