青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

いきなり気温が10度も下がって自宅ではストーブに火をつけた。事務所も暖房を入れようか入れまいか迷う。午前中は霧雨も降って現場はあまり進行しない。来週中になんとか完成するようにはなっているのだが。 
 
再来週には材木の搬入が始まる。トラックも予約したし手伝いも頼んだ。6トンのクレーン付きで3回ほどで運べる。作業場から現場までも一本道で20分ほどで着く。これからも材料の加工やら引き取りも容易だ。 
 
職人不足は深刻の度合いが増すばかりだが手をこまねいてばかりもいられない。一人前の職人を探すから見つからない。自前で育てればいいことだ。真剣に育成する方向も考えなければならない。 
 
職業訓練所とか大手の工務店などでも募集はしている。工業系の高校などに積極的に勧誘はしているだろう。大工だったら基本的には在来の工法から教えるだろう。基本はプレカットだから初めから専門に教えた方が早い。 
 
墨付けや仕口などを教えても実用的ではない。職場が主に住宅会社になると覚えなくとも良いことだ。在来工法で大工が家を建てる時代ではない。教える方が時代に合っていないと現場で困るばかりだ。 
 
当社ではノミカンナの研ぎから墨付けまで宮大工と同じ修行を積まないと仕事ができない。覚えるのにも道具を揃えるにも時間と金がかかる。それを生かす職場がないと無用の長物となる可能性もある。 
 
現実的に言うと墨付けなどはできる大工がいるのでノミカンナを使いこなせれば良い。やる気さえあれば何年か修行を積めばできる。さらに上を目指す者は墨付けとかを覚えれば良い。当社で仕事をすればそう言ったことは自然に覚える。