青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

朝一番で現場で打ち合わせ。すぐ新しい物件の現場へ。昼に戻って図面やら見積もり。市内は暖かく雪も溶け春の気配がするが郊外の山奥に行くと一面真っ白。積雪も20センチはあって現場周辺は長靴でないと歩けない。 
 
都会に住む70代の方の別荘というか終の住処を建てたいと。地主の方から紹介があった。周辺は農業振興地域で一面畑。夜になれば真っ暗になる。 
 
一応市内なのだが過疎地の気配が濃厚なところだ。農業と牧場があって春になればのんびりした田舎になる。私は似たようなところに住んでいるので特に寂しいとは思わないが。 
 
地主は無農薬の野菜とか果樹を栽培したり都会ともツテがある。その縁で話が出たのか田舎に住みたいとのこと。まだ具体的なことは未定だが高齢者の終の住処のようなものだろうか。 
 
古民家リフォームも似たような要素があって終の住処を新築するかリフォームするかなのだ。今度は都会から田舎へと言う要素が増えただけだ。人生100年時代は70代でもまだ先が長い。 
 
余裕のある高齢者には資産を残すよりも残り少ない自分への投資も選択肢だ。小さくともそれなりに便利でバリアフリーに対処した家を望む。家族向きの細々した間取りの家は似合わない。