青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

暖冬とはいえ朝晩の冷え込みはキツい。一番の早起きで薪ストーブの着火が仕事になった。夜の残りの熾で寒いと言うほどではない。作業場の在庫整理で出た残材や角を切って割ってある。㎥にすると5㎥ぐらいはあるだろう。年内は持ちそうだ。 
 
来年に向け建材屋さんなどと打ち合わせをしている。2年ぐらい現場がなかったので値上がりがわからない。全くの浦島太郎状態なのだ。売り上げが減っても邪険にもされず見積りしてもらっている。建材は今年はいつになく強気で値上がりした。 
 
職人手間も消費税関連で一割ほど上がった。とは言っても手間の値上げではなく税務署に取られるだけだ。今年は本来の手間の値上がりがあるかもしれない。コロナ明けの昨年より今年は景気も悪い。簡単に値上げできるかどうか、って賃上げの風潮に逆らったりして。 
 
住宅関連も宣伝方法がすっかり変わり新聞広告は見なくなった。安くなったテレビに主だったところは移ったようだ。新聞は固定電話と同じで若者は取らないところが増えた。代わりにネットがすごく増えてインスタとかHPが主流になった。 
 
若者向けの商売はインスタで集客するようだ。断片的な写真を載せて印象だけで商売する。写真写りが一番で中身や使い勝手は二の次だ。だんだん住宅もフアッションと同じになってきた。見栄えが一番で機能や長持ちはどうでも良い。 
 
HPのメンテンスを依頼しているところからは古いから変えろとウルサい。別に仕事を欲しいとも思っていない。当社の良さを認めて来るならやり甲斐もあるが写真一枚で気に入られてもなあ…。などと偉そうに言うから仕事が来ないと家内には言われる。

引退も秒読み状態でアフターも出来ないのに新築はできない。その代わり予算的には利益無視でやっている。在庫があればどうせ捨て値で処分になるからだ。少しでも使えるものは安くしてあげたい。10年後のアフターができないかもしれないからね。