青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今日も朝から焼き杉の加工。顔から手から鼻の穴まで真っ黒になりながら焼いた。バーナーで焼いてブラシでこすって煤を落とす。この時真っ黒になってしまうのだ。奮闘努力の甲斐あって今日で目処がついた。サイディングも1階が終わって二階を残すのみだ。屋根外壁は明日で大体終わる。朝から現場で足りない材料を運んだり疲れた。良いお天気で快適なのだが立ちっぱなしはしんどい。 
 
午前中太陽光発電の屋根メーカーが訪ねてきた。今月の2日に東京の省エネ展に行ったがその時屋根メーカーに資料をもらった。名刺を渡したのでこちらの担当者が訪ねて来たと言うわけだ。カナメという屋根材メーカーで太陽光発電パネル一体型の屋根を展示していた。 
 
太陽光発電は4,5年前までかなり買取価格が高くてブームになった。私的にはあまり屋根にも傷をつけるしいずれ終わるブームと思っていた。そもそも家自体にかかる負担が大きくしかも売電やコントロールをするためのパワーコンディシヨナーが高く寿命も短い。 
 
パネル自体は寿命も20年近くと長いがこう言った機器類が高くしかも検査が頻繁だ。電力会社が簡単に済むわけがないと思っていた。役所的な体質の電力会社には買取には相当な要件があると思っていた。新築すると役所の検査があるのは電気と上下水道だ。どちらも競争のない独占だから向こうの言いなりにしかできない。 
  
その電力会社が買い取るのだから機器類の検査や交換が頻繁だろうと思っていた。案の定10年ほどで20万もする機器を交換することになる。工事費自体もかかるしメンテナンスもかなりかかる。電気料金が4,5万と大消費者でもない限り電気代でペイするのは難しい。
  
ただ今回興味を持ったのは屋根に上からビス留めで雨漏りの心配のある方法でないことだった。屋根自体がパネル設置屋根になっており雨漏りの心配がないことだった。消費者に直接販売するケースが多く素人の無知につけ込んだ工事だ。将来のことより目先に電気代の節約にばかり目がいく。 
 
工事費に余分に150万円以上かけしかも10年毎に20万円の機器交換やメンテナンスが必要だ。冷静に考えればあまり割りあわない勘定だと思うがどうだろうか。日中在宅の方でオール電化住宅に住み定年退職後に電気代を節約したいという方向きだ。CIMG4508