青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今日は月末、なので支払い日。あっちの口座から下ろしこちらの口座から振込み…..。毎度お馴染みの資金繰りと言うやつです。午前中はお施主様の工場に作ってもらった煙突カバーを引き取りに行きました。降ろしてすぐフローリングと下地に使う木材を作業場から現場へ。 
 
午後は事務所にて見積もりの整理や図面。工事中の現場も少しずつ仕上げのことも考えないとなりません。キッチンやトイレ、収納、建具デザイン…..。どれも重要なことなのです、仕上げという点で。 
 
設計上のデザインは主に内装や建具のデザインが多いと思う。もちろん全て建材や既製品から選ぶ。デザインと言うより形も含めて組み合わせだね。当社は組み合わせの基となる素材と加工法にこだわる。仕上がれば見た目は建材と似たようなデザインで形も似ている。 
 
どのような組み合わせではなく何から作るかに力点を置くから出来たものは形は普通だ。特に変形とか独自のとは思っていない。ごく普通の家を素材から吟味してどこにもないもので普通の家を作る。 
 
階段なら木の種類や厚さや長さを決める。倉庫にある粗挽きした材から挽き直す。必要数より何枚か余分に用意して割れや捻れをチェックし選ぶ。はじかれたものが大量に余る。抜き材や他の用途で使うから捨てるわけではない。 
 
建材や木材店から買うとその作業がない。選ぶことがないからで欠陥品でもない限りそのまま使う。プレカットが主流だから組むだけだ。 
 
それに対して手間暇をかけたものだけの家はどこが違うかだ。組み合わせに重点を置くのがデザインなら当社は素材そのものでデザインする。材木の目や色、厚み、そう言うもので違いを出す。一見わかりにくいのだが全てが吟味されるとよそで見ることのない家になる。 
 
何度も見学会や展示会を見て歩いた方は当社の現場に驚く。間取りや形は普通なのによく見るとどこでも見たことがないものになる。木の家とか古民家などに興味があればなお驚く。CIMG5758