青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

リフォームの現場は最後の仕上げで漆喰が今日で終わる。聚楽壁が残ってあとはタイル貼りになる。来週初めには良いところまでいくだろう。ただ来週初めは曇りがちのようだが。アスファルトとタイル貼りは雨は難しい。 
 
大工が棚をつけ細部の仕上げを終わらせた。照明器具やアンテナの取り付けと配線で電気屋も仕上げに入る。ただ足場のかかったところの照明器具が納期が未定ではっきりしない。足場をバラさないと建具とか清掃が入れない。終わらないと言うことだ。 
 
毎度今頃の時期は日程がうまくいかずイライラすることが多い。メーカーが欠品で思いがけなく工期が遅れたりはよくある。メーカーに催促しても在庫を極端に減らしているのでどうにもならない。カタログを見るとなるほどこれを選ぶと納期がかかると小さく書いてある。 
 
現場管理の仕事は細部に捕らわれ過ぎずに鷹揚に構えることが大事だ。ピンチはあらゆる手を尽くすとそれなりに何とかなるものだ。物事は悲観的に考えないこだ。間に合わせる事に関しては職人の方がどうにかする技術を持っているものだ。 
 
高いところへつける照明器具が欠品だと足場が取れない。取れないと床の養生から清掃まで全く進まない。しかし職人に相談すると足場がなくても取り付けできる方法を考える。現場監督には思いつかなくても職人はノウハウがある。 
 
兎にも角にも今月中には完成引渡しが厳命であるからそれに向けて各職人を叱咤激励する。間に合わないところは他の職人の協力も含めて何とかする。CIMG6447