青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

コンクリート打設の現場へ行く。アンカーボルト位置と寸法のチェック。事務所へ戻り書類作成と支払い。昼食後伐採の現場へ。倒した丸太の玉切りの指示をする。夕方またコンクリート打設の現場へ。 
 
昼食後自宅近くの伐採現場へ行く。森林組合の担当者もきて玉切り寸法を決める。玉切りは倒した丸太を下から決められた寸法に伐ることを言う。用途により寸法があって倒してから曲がりとか腐れなどを見て決める。 
 
今回は建築用として私が一番良いところを取る。次は合板用に短めに切る。残りはチップ用に玉切りする。およそ16mくらいあるから4mずつだと4番まで取れる。一番玉は良材なので建築用に二番玉は少し落ちるから合板用に三番以下はチップになる。 
 
カラマツがほとんどだが杉も混じっている。50年くらいは経つので太さはそれなりだ。間引きは曲がったのや成長の遅いのを伐るつもりだったが建築用に良いものから伐る。残りが細いものばかりになる。 
 
今日一日でカラマツは30本ほど倒した。用途別に玉切りして積んである。中から良材を抜き出して建築用材とする。芯腐れはなかったが曲がりが多い。建築材としては曲がりは適さない。 
  
昨日よりはだいぶ暖かいが現場に立っていると寒くなる。なのだが少々風邪気味とか調子が悪くても山の空気を吸うと元気が出る。触ったりするので木の匂いが衣服につく。家内に言われるが花粉のシーズンだけは怒られる。CIMG6936

CIMG6939

CIMG6948