青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

仕事が溜まっているが昨日は休んだ。家内が体調を崩しているのと孫の誕生日があった。ワンコの散歩以外には外にも出ずボンヤリとテレビを見ていた。夕方一人で銭湯にでも行こうかと思ったが家内が一緒でないと行きたくない。 
 
今日も暖かく春のような陽気だ。ボイラー交換の現場をやることになり2時ごろ終えた。新築の現場は大工と板金が入る。外壁の通気下地をつけて板を張る。貼るのは簡単でもささらをつけるのは手間がかかる。 
 
年末に加工してあるので現場取付だけになる。毎日のように外壁張りにかかるようになる。どんなに早くても3週間と見ているが天気次第で遅れることもある。雪が吹雪いたりしたら外部の工事ができないからだ。 
 
図面作成が増えて考える時間が多くなった。敷地調査とか測量図の入手など時間を取られる。そこがはっきりしないと設計も何も進んでいかない。下手な素人図面より既存の図面とか測量図があればよほど助かる。 
 
自分が住んでいる所の地番や面積を知らない方は多い。固定資産税を支払っているのに大体の面積しか知らない。面積はまだしも敷地の寸法とか距離は測量図以外はわからない。 
 
相続とかで登記をする際に測量図がなくてもできるからだろう。権利の移動はできても面積とか敷地位置など正確なところはわからないのが普通だ。分筆とか売却時には必ず必要なのだが建築確認にも面積寸法は正確に証明しないとならない。 
 
設計作業はデザインとか使い勝手などが重要と思われている。法的な規制や構造上の観点は素人にはわかりにくい。建築確認はそう言った法規や構造計算などをチェックされる。デザインとか便利さなどは問題にされない。そこが素人にはわかりにくいところだろう。