青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

今週に入り本格的な冬になった。現場は外部工事が終了し足場の解体のみ。大工は床、天井を終わって壁に取り掛かる。入り口枠とか作り付けと同時進行なので仕上げ材の加工に作業場と現場の往復になる。年内に目処をつけたいのだがどうなるか。 
 
先週から現場へ行く時に通る三陸道が延長になった。現場は三陸道のインターに近い。行き来には変わりはないが下を通る車が減った。現場の前の国道はコンクリート舗装で大型などのタイヤ音が響く。 
 
現場より先の高速は工事中で途中まで開通した。悪いことに現場の下では国道の歩道工事が急ピッチで進む。片側通行で渋滞するのだが音は静かになる。歩道工事は来月末の完工で現場と同じ頃だ。 
 
完成後は歩道が整備され交通量の減少も期待できる。あのコンクリート目地を超える際の音が減る。高台にあるので道路から見晴らしも良いしいい宣伝になる。今まで温泉への通り道なのだが木の陰になり印象はなかった。今は伐採もしたしバッチリだ。 
 
残りの三陸道は来年の春全線開通だからさらに交通量が減る可能性がある。無料の高速道は画期的に便利だ。試しに先週の日曜は高速で温泉へ行った。しかし出口のインターが温泉への道から遠い。 
 
時間を測るとさほど違いがない。のんびり行っても高速で行っても5分くらいしか違わない。途中で寄るところもあるので以前のルートで通うことになりそうだ。仕事では使いそうだが。