青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

090-1060-9764

徐々にではあるが確実に秋の気配が濃くなった。2階の寝室から眺める山々は紅葉が始まっている。自宅の庭は玄関前が飛び石になっている。土が流出したり草取りで減って歩くのに危ない。で、土をネコ車で運んで均した。 
 
築35年以上なので敷石も古いわけだ。新築時はこんなに石が露出していなかった。歩きずらいので高齢者仕様に直さないといけない。もちろん自分のことではあるが。先日もヤマトの配達がヨロヨロして危険だった。 
 
車庫の前に渋柿の大木がある。ハッキリしないが私が子供の頃祖父が植えたものだ。70年くらい経て立派な大木になってしまった。崖に近いので日当たりは良く排水の枡があって湿っぽい。 
 
この柿を毎年のように配ってあげる方が何人かいる。皆干し柿にして食する、と思う。見返りは菓子とか土産物などをいただく。中に自宅でカシスを植えている方がいた。ジャムにすると美味しいのだが市販はああまりされていない。 
 
元園芸店に勤めていた方で自宅で増やしたカシスの木をもらった。流石にプロなので根回しをし袋で梱包しのを3本頂いた。早速庭に息子と二人で穴を掘り植えた。腐葉土を敷き込み水をたっぷりあげた。すでに葉は落としてあり枝も詰めてある。 
 
時期的にもこれからが植え替えのシーズンなのでうまくいくだろう。大きめの木なので来年から実がつくと思う。青森県はカシスの生産量が日本一で苗木も手に入りやすい。ブルーベリーに似た実がついて目に良いと言われる。 
 
事務所の庭もハスカップの植え替えを目論んでいる。栗の木が大きくなり日が当たらず実がつかない。公園側に穴を掘り黒土を運んで準備は万端である。葉が完全に落ちたらやろうと待ち構えている。それよりも贈答用の柿捥ぎが待っているが。


バッテリー交換

最近トラックのエンジンのかかりが悪い。力強さがなくなりやっとかかる状態なのだ。バッテリーの劣化だがプロに頼むと4万ぐらいかかる。こんなボロ車なので交換ぐらいは自分でやろうと思った。友人などから簡単だと聞いていたからだ。 
 
ネットで韓国製を注文し夕方にも交換しようと思っている。バッテリーは専門業者にしか頼んだことはない。いや車のことは自分でやるのはタイヤを購入することぐらいだ。車検から修理までいつものところでやる。何でもおまかせに近い。 
 
さすがに30年を超えボログルマになってやれるのは自分でやりたい。20年で錆びたりして穴が開いたり艶がなくなる。11年前に全塗装と錆びたドアなどを交換した。そのせいもあり30年経過したとは思えないところがある。 
 
遠目にはまだまだいけるように見える。しかし見た目よりは劣化が激しくあちこちから異音がする。乗り心地も明らかに悪くなった。跳ねるとボコンとショックがダイレクトに来る。板バネなので金属疲労で折れたり遊びがなくなる。 
 
エアコンとか電装部品も大体交換したが臨終間近になると勿体無い。で、バッテリー交換は簡単だというし自分でとなった。4万から半額以下になった。これで問題がないなら他も徐々に自分でやろうと思う。ボンネットの中は流石に手は出せないが。


庭と手作りジャム

あっと言う間に10月、今日は肌寒く風も強い。事務所の庭の栗も枝を詰め剪定してある。落ち葉を少しでも減らそうと言うのもある。年内に移植を計画中で新しい木も購入予定だ。基本的には実がつくのを考えている。 
 
自宅のイチジクは1本しかなかったのが貰い物やら挿木で4本になった。こちらも柘榴や花梨を移植予定だ。買ったり挿し木で増やした。家内の友人からカシスの苗を分けてもらう予定だ。 
 
昨年購入して植えたソルダムが大きくなり隣のプラムと並んでいる。プラムはメチャクチャ実がつくが消毒しないので皆落下する。同じ種類のソルダムは実が少ないので手入れは楽だ。梅同様来年は消毒をしなくちゃ。 
 
冬になる前に腐葉土や肥料を撒くつもりだ。腐葉土は近所のゴミ清掃の時に集めた落ち葉を貯めている。自宅周辺だけでなく下の県道まで2.300mを大きなトン袋で集める。息子や孫と皆で集めて積んである。 
 
事務所でも公園の通路の落ち葉を集めている。集めていると通り掛かりの人からご苦労様と声をかけられる。町内とかのボランティアと間違われるのだろう。現場用のゴミ袋に10袋ぐらいはすぐ集まる。植木の影に吹きたまるからだ。 
 
毎年こうやって庭いじりが日課になった。収穫したものはほとんど趣味のジャム作りにまわる。年中何かのジャムはあるからパンやヨーグルトに入れる。市販より美味いのは当然だが好みの甘さが気に入っている。


本物

暑い日が続いて和室に寝ていたのがウソのようだ。2階の寝室に戻りやっと日常に戻った。栗の実も1週間以上に渡り後少しで終わる。大豊作で粒も大きく売っているものよりも大きい。栗ご飯から潰してキントンにしたり甘辛煮を作った。 
 
暑い夏は果物には良いのと悪いのがあるみたいだ。カリンは昨年の大豊作から一転して5粒ほどしかできない。イチジクは3個ほど実が付き3年目で収穫した。これからの柿は大きいようなので豊作に違いない。 
 
自宅の前の畑ではツルムラサキやオクラが毎日のように取れる。こちらは息子たちの栽培で毎日少しずつ孫が持って来る。新鮮さは抜群でシャキシャキして美味しい。野菜を持って来た孫は代わりに用意したお菓子を食って帰る。まあエサみたいなものだ。 
 
9月に入りいきなり仕事が舞い込むようになった。あれほど暇だったのがウソのようだ。以前の現場を見て来るのがほとんどで本格的な和風を望む。外部だけでもこだわった手作り感はわかるのだろうか。皆共通している。 
 
若者の激減で地方は意気消沈しているがコロナ後も景気は復活しない。安物住宅も高級住宅もプレカットでクロス張りは同じだ。機器類や断熱とか差別化のやり方も同じだ。そこへ行くと当社の現場は柿渋の塗料が取れ神社お寺のように古びている。 
 
汚いと思う方もいる反面それが良いと言う方もいる。親の援助の多寡で全体の予算が決まる。予算があれば少し違うのが欲しくなるのは世の常だ。今までのが飽きられたと言う言い方もできる。かと言って本格的な古民家とか手作りは高くつく。 
 
食の世界も本物とかこだわったのが増えた。住宅もその一環だろうか。何にしてもプレカットしかできないのは手刻みができない。そこへ行くと当社のように変わらず続けて来たところが目立つのだろうか。若い方と70代の高齢者と別れるがどちらも本物を望む。


長生き

昼頃突然の雨、事務所の窓が開きっぱなし。大急ぎで戻るが床は濡れ大変なことになってしまった。事務所は敷地いっぱいに建てたので軒の出がない。雨が降るとモロに入るし外壁は濡れるので良くない。お客様の家だったら絶対にやらないのだが….。
 
昼食は自宅に戻りとるが途中で電話が鳴る。道路脇に寄せてリフォーム希望のお話を聞く。いつの間にか渋滞が….ヤバイ。突然の雷雨が拍車を掛け要らぬ混乱をさせた。いつもだったら掛け直すのについ喋ってしまった。なんで掛け直さなかったのか。 
 
昨日は手すりの取り付けをやりに行く。再取り付けなので簡単と思い私がやった。5分で済むはずが30分も掛かってしまった。借りた電ドルがプロ用なので強くビスをナメラせて何度もやる羽目に。一汗も二汗もかいてそこいら中傷だらけにした。黙って職人に任せりゃ良いものを。 
 
この頃ちょっとした失敗が増えた。体力も持久力も落ちて妙にせっかちになった。それが失敗の原因だろう。今更あせらなくてもノンビリやれば良いものを少しでも原価を下げようと自分でやる。以前だったら何も問題なくやれた。今は筋力も落ち根気がなくなって失敗する。 
 
ありがたい事に仕事の依頼が来て気持ちは焦る。焦ったところで体力気力が落ちているから思うようにいかない。図面描きも一日書き通しでもできたのが半日で頭がボーっとなり考えられない。ヘタに知識だけは増えたので選択肢だらけで進まない。 
 
いらぬ小さな失敗が増えて布団の中で反省する。したところでどうなるものでも無いし考えない方が良い。なるようになると泰然自若になれない。経験例が増えていらぬ心配ばかりする。人間はいつまでも変わらぬものらしい。安心して枕を高くして寝てみたいものだ。 
 
子供達の心配は過ぎて今は孫の心配をする。いらぬ事なのだと思うが長く生きて失敗例を見てきた。そう言えばオフクロはいつもクヨクヨ心配ばかりした。66歳で亡くなって心配ばかりで心残りだらけっただろうか。少し長生きした自分も似たようなものだろうか。