青森県八戸市の一級建築事務所 建築組 パックス有限会社

0178-25-6020

コロナの後は

昨年末の大雪で道路もあちこち凸凹になった。現場もまだ誰も仕事に行っていないので雪の中。明日から大工が行くので自分たちの駐車スペースを確保しないとならない。まずは除雪と言うところだ。
 
コロナもあって年末や年始の挨拶は行き来なし。業者からのお歳暮は昨年並みでこの場を借りてお礼申し上げます。年末ギリギリまで仕事があって事務所に戻らないから宅配ポストに置いていく。 
 
今年はどうなるか神のみぞ知るだがあまりパッとしないだろう。新築も建売も低調なのは予測できる。リフォームはその割には落ち込みが少ないかもしれない。年金生活者とか比較的富裕層にはコロナは影響がない。 
 
巷の不景気風とは別の風が吹くのか株式市場は良いようだ。なんかかんだとバブル以来の高値でコロナワクチン次第では株式バブルの再来があるかもしれない。老後資金の問題から若年層を中心に投資が大流行りだ。 
 
食うや食わずも大勢いるときに投資だなんてと思うがあるところにはある。企業も含め高齢者層の溜め込んだ金は膨大だ。これが銀行以外に目を向けるようだと投資のブームになる。 
 
よくよく考えると投資資金もままならないのにできるのは相当な金持ちだろう。年金でやっとこさ食っているのとの差は大きい。温暖化と高所得層の増加は確実な情勢だ。コロナも終わって病気さえしなれば何とか食えるかもしれない。


薪作り

今日はクリスマス。孫の楽しみが一番でこちらはプレゼントをあげてケーキを食うだけ。暮れも押し迫って現場は年内完成のリフォームだけ。新築の方は年明け6日からになる。 
 
寒くなったり緩んだりで調子がイマイチだ。現場で突っ立っていると風邪気味になる。これも寄る年波ってやつか。毎日のようにお歳暮を業者が持ってくる。ありがたく頂戴して来年もお付き合いいただきたい。 
 
事務所も含め我が家は薪の消費量がすごい。現場から出る残材だけでは間に合わなくなった。今のままだと来年早々にも薪作りをしないとならない。元になる製材の残りが積んである。 
 
広葉樹を挽いた時だけ皮の部分を取ってある。板状になっているのが多いので燃やすにはちと物足りない。丸太を買って割れば良いのだがつい面倒で残材だけになる。 
 
新築の現場は薪ストーブになるが薪のストックはかなりお持ちだ。それでも足りなくて丸太も購入している。玉切りをして割るのだが乗せて切る台を自作している。 
 
中々の出来でよく出来ている。早速我が家も真似しなくては。丸太を買うとチップ用と同じだから2.1mになる。台に乗せて一度に5箇所切って6個の玉を作る。一々動かしながら切るよりだいぶ捗る。 
 
薪作りは重労働でいい運動になる。生の木は重いしチェンソーも切れなくなるし一汗も二汗もかく。買えば高いし家族の暖かいと言うセリフを励みにみなさん頑張る。楽にできる方法はすぐ広めなくては。 
IMG_1722


見積もり

先週の寒さもあって今日は暖かい。年末にまた寒波襲来予報だが現場は休みになる。暮れになって急ぎの入りフォームも入ってギリギリまで仕事になる。こういう仕事は増えはすれ減ることはない。 
 
長くやっていると自分で建てたり直したところから声がかかる。有難いことだが小さいとか面倒とか言ってはいられない。アフター絡みの仕事なので人任せもできない。殆どはすぐ直さないとならない。 
 
得てしてこう言う仕事は手間がかかる。思ったよりも時間がかかる。当社の大工はキッチリした仕事がウリで適当にができない。融通がきかない典型的なのばかりだ。こちらが1日仕事と思っても何倍も手間をかけてしまう。 
 
職人不足もあって特に大工は腕自慢が激減した。組み立てキットの仕事ばかりになったからだ。よくわからないのが増えてやり慣れない仕事は時間ばかりかかる。腕自慢の当社の大工は徹底的壊して作り直す。 
 
リフォームもレベルがあって直れば良しとする場合もある。些細なところにこだわってもあまり意味はない。其の辺が理解できないとリフォームは儲からない。かかった分皆貰えるなら良いがお客様も予算がある。 
 
自分が建てたのに儲ける訳にもいかず赤字も困る。まあ悩ましい仕事になる訳だ。見積もりは新築以上に難しい。職人たちのクセまで見込んで見積もりする。何事も経験でリフォームの見積もりはベテラン向きではある。 
IMG_1710


高速道

今週に入り本格的な冬になった。現場は外部工事が終了し足場の解体のみ。大工は床、天井を終わって壁に取り掛かる。入り口枠とか作り付けと同時進行なので仕上げ材の加工に作業場と現場の往復になる。年内に目処をつけたいのだがどうなるか。 
 
先週から現場へ行く時に通る三陸道が延長になった。現場は三陸道のインターに近い。行き来には変わりはないが下を通る車が減った。現場の前の国道はコンクリート舗装で大型などのタイヤ音が響く。 
 
現場より先の高速は工事中で途中まで開通した。悪いことに現場の下では国道の歩道工事が急ピッチで進む。片側通行で渋滞するのだが音は静かになる。歩道工事は来月末の完工で現場と同じ頃だ。 
 
完成後は歩道が整備され交通量の減少も期待できる。あのコンクリート目地を超える際の音が減る。高台にあるので道路から見晴らしも良いしいい宣伝になる。今まで温泉への通り道なのだが木の陰になり印象はなかった。今は伐採もしたしバッチリだ。 
 
残りの三陸道は来年の春全線開通だからさらに交通量が減る可能性がある。無料の高速道は画期的に便利だ。試しに先週の日曜は高速で温泉へ行った。しかし出口のインターが温泉への道から遠い。 
 
時間を測るとさほど違いがない。のんびり行っても高速で行っても5分くらいしか違わない。途中で寄るところもあるので以前のルートで通うことになりそうだ。仕事では使いそうだが。


現場は雨樋が付き煙突も設置した。テレビのアンテナが終われば足場をとる。ほぼ完成形になるので国道側からの見栄えが良くなる。来月の完工で国道の歩道工事が進む。片側通行なので渋滞して待ち時間に現場が見える。 
 
内部は大工が床工事の最中だ。階段や上がり框などが出来て内部空間の広さがわかる。天井の杉の板張りと床の栗のフローリングが漆喰の白さを引き立てる。リビングが20畳以上あって家族が集まるには十分だ。 
 
キッチンからはほぼ全景を見渡せ奥様には使いやすい。高台にあるので日当たりは良いが大きな開口は少ない。開口が大きすぎてカーテン閉めっきりなんてのはない。外部から直接見えないところにつけた。 
 
30年くらい前の家だと南側全面が開口と言うのが多かった。見えすぎてカーテンを閉めっぱなしでいつも暗い。開けると床や畳が焼けるし丸見えなので閉めて使うのが多かった。今だと開口は断熱が劣るので寒い。 
 
ペアガラスが主流になって価格が上がり必要なところに最小限につけるのが増えた。小さな間取りの部屋が多いと開口も増えてコストが上がり断熱も落ちる。LDタイプが増えて開口が大きするとエアコンばかり使う。 
 
明るさも必要なので吹き抜けや外部から見えにくいところに付ける。床面につける引き戸タイプは床にあたるので高いところの小さめの嵌め殺し窓より明るさは少ない。こうすることでコストも下がり床焼けも防げる。 
IMG_1694